寡婦年金の金額は0円  死亡一時金も0円

雑記ブログ
雑記ブログ

夫婦生活が10年以上なら、もらえるはずの、寡婦年金も無し

ありえない話ですが、私の夫は、自営業で国民年金、免除や滞納で、払ってなかった厚生年金、夫が亡くなり、日本年金機構に行き、だいたいの予想はしてましたが、愕然!(笑うしかない)何回も言いますが、寡婦年金は、0円です、寡婦年金、少しでも、金額があったら、生活の足しにできると、思っていたのに、やっぱり、しょうがないですよね、払ってないのだから、コロナ時期に、コロナ枠で、年金を免除している、30代や40代の方、国に納める、税金は払いましょう、私のように、ならないようにね、払っていれば、なんとか、平凡に、暮らせたかと思います

寡婦年金と死亡一時金も、無し

寡婦年金とセットなのが死亡一時金です、死亡一時金て、誰でも、もらえて、お悔みたいな物だと、思ったら、おお、ま違い、これも免除や滞納日数でもらえません、国民年金保険から、掛けた年数が足りないので、これも出ませんでした、当たり前ですよね、税金は滞納しちゃいけないてことですね、当たり前のことですが、国に逆らっては、無駄てことですね 先祖代々、逆らってた家系ですから、しょうがないし、私は、逆らえない環境でした、察しがつくように、自営業で、夫婦でしたから、年金のかけた金額も、一緒なので、災厄、私が70歳まで働いても、数万円でしょうね、寒気がします(汗)バカ野郎と旦那を殴りたいです(笑)もしもの話ですが、旦那も長生きして、65歳を迎えていたら、二人で、一人分も、ならない年金で、暮らせず、借金が膨らみ、取り立ての、電話がジャンジャン鳴り響き、夜逃げしてたか、餓死してたか、でしょうかと、ふと頭をよぎりました、ひつとの救いは、亡くなる、ちょっと前に、借金が終わったことでしょうか(笑)もうひとつは、コロナ枠で、お金を借りる、前に亡くなったことかなぁ~、夫は、このブログを読んで、反省は、絶対してないと、思うし、なんで書いてるて、化けて、出て来る、かもしれません。(笑)

老後の生活が不安です

老後の生活が不安とか、私は、ブログで観覧すると、永遠に広告欄が、老後のお金に関する記事が、貼られてくる、私は、なるようにしか、ならないし、なんとか生きていくしか、ないんじゃないかなぁ~が、私の今の結論かなぁ、苦しくなったら、外に出て、大きく深呼吸するしかない。

ブログランキングに参加してます。できましたら、左下をプチと、押してもらえたら、嬉しいです

コメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました