狂犬病の注射を、打ってしまった後悔

お犬様
お犬様

椎間板ヘルニアは・・・狂犬病ワクチンの2日後

コロナは人間にも、副作用があるように、犬にも、狂犬病の副作用があります、

調べると痙攣(けいれん)が犬様に、あてはまる、毎年4月5月に、

市の方から、狂犬病の注射をしてくださいという、ハガキがくる、

市からのハガキなので、絶対しないといけないと、思うのが普通です。

これから話すことは、あくまでも、私の個人的意見です 

犬様は15歳老犬です、人間も、コロナの副作用を注意しながら、

診察して、注射を打つように、犬も、ある程度、老犬になると、副作用も、でてくると思います。

若い時なら、へっちゃらな、1本の注射でも、老犬なら、注意すべきでした

犬様は肝臓も悪く、甲状腺の薬も飲んでた、一年前の狂犬病の注射、

いっもなら、集団接種で受けてたので、どこでも大丈夫かと、簡単に考えてました、

私の空いてる時間にやっと、他の動物病院で注射しました、

接種後ブルブル震えてるけど、いっものことで、ビビリかなぁ~て簡単に、思ってました、

そしてその日が来た、いっもの朝の散歩中、突然「キャーン」と吠えた瞬間

今まで聴いたことがない、高い声)、震えて、後ろ足が、つって、

犬様の様子がおかしいと、すぐに、抱きかかえ家に、私は見てすぐ、ヘルニアだとわかりました、

この時は、もう犬様は歩けなくなるかと、

まだ前足が動くので、後ろ足を支えて、オシッコなどしていました、

麻痺は片足だったので、病院で注射ゃ薬で、段々よくなり、普通に歩けるようになりました。

そして今年の狂犬病の注射、その時は去年の注射のことは、深く考えず、

狂犬病の注射をしてしまってから、私は、今頃になって思う、

一年前のこと、他の病院でワクチンを打ったこと、不審に思ったこと、

なんで一言、狂犬病のワクチンの副作用では、ないかと、

失礼でも、先生に聞く、べきだったこと、

注射を打たなくても、免除できることを、調べなかったか、

なんてバカな飼い主なんだう、犬様の歩けない状態を、見るたびに、落ち込む私です。

しかしコロナのワクチンは万全な医療体制が整ってます、

コロナと犬の、例えに、使ってごめんなさい、

私はまだ、コロナワクチンの、順番が来てませんが、

息子と娘も、新型コロナワクチン接種記録書など、らってきましたよ

犬様の状態と前兆

狂犬病の注射副作用として、下痢 嘔吐 発熱 発作あるそうです。

犬様の様子

なんとなく足が震えて歩いてる感じ

足を少し、びっこを引いていた

注射の後に震えてた

一度注射を打った後に、ヘルニアになったのに不審に思わなかった

(学習能力がなかったから、2度も打った、本当にバカです)

※食べなくなる

※便が出にくくなる

狂犬病の注射は免除申請できる

だから気付いてください。

病気があり、外も出ない犬、他に人間に、外を与えないなら、

ワクチン注射を、病院から、免除申請も出来るので、考えるべきだと思います、

なってからじゃ遅いんです、市の方でも、注意事項はあるのですが、

人間よりは、犬は物としてしか、考えてません、

ここだけは、注意してください、

狂犬病の注射は自分の考えで辞退はできません、罰金があるそうです。

アンチノール 最初のヘルニアから飲み始める

私の落ち度

二年前は、夫と姑の介護で、犬様の順位は3番目でした、

もう少し犬様のことを、注意してれば、忙しさに、後回しにしてたこと、

犬に対して勉強不足だったことを、後悔してます

そして、私は、狂犬病ワクチンが、原因で確信がもてないこと、

誰かに聞いてもらい、違うにしても、

間違いでも、聞いてもらいたかったのかも、しれません。

心配しすぎて

チャンリー画

娘とチャンリーのアホな会話

(娘)「犬様の鼻切れてない」

(チャンリー)「切れてるかも」

(チャンリー)前の写真と比べて

(チャンリー)「産まれた時から、切れてます」(笑)

犬様は常に観察しましょうと思う❗心配症の親子です。

コメントはこちら

  1. いわたあけみ より:

     点心とぷりぷり海老のチリソースがたべたい!
    行ってみようかなと誘惑に負けそうです。親しいお友達と美味しいものをたべるなんて、幸せな時間です。
     マンガの絵がかわいいです。むすめ(ミーちゃん)の絵が楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました